この記事をシェアする

老後は国分寺に住みたい!気になる病院事情

国分寺で病院の近くの不動産

あなたも、「老後は国分寺に住みたい」と国分寺の物件を不動産店で探しながら、「できたら病院が近いといいな」と感じていませんか?年を取ると、様々な体の不調が生じますので、体調の不安を抱えた時に相談できる場所が近くにあるか、という住み易さは重要です。国分寺は非常に住みやすい街で、高齢者にも優しい街であることを、病院の充実度などから徹底解説いたします。ぜひご自身の終の棲家の選択肢とし、不動産店で病院に近い物件を探せるか不安になった際は、参考にしてみてください。

住みやすい街!国分寺

国分寺は非常に住みやすい街です。それも、学生や社会人にとってだけでなく、高齢者にとっても非常に住みやすい街となっています。

何故、住みやすい街と言われるのか?については、3つの理由が挙げられます。その理由とは、「治安がよく安心安全に過ごせる」「商業施設やスーパーなども多く買い物がしやすい」「アクセスがよく多方面への移動もしやすい」というものです。どれも楽しく、苦労なく、安心して毎日を過ごすためには欠かせない要素です。

まず、治安がよく、犯罪に巻き込まれることがないので安心して生活できます。ある調査によると、「犯罪発生率:0.93%」「交通人身事故発生率:0.18%」と非常に良い数字が算出されていることもわかっています。

商業施設やスーパーなども多く買い物がしやすいのも美点です。商業施設やスーパーなどがたくさんあるため、買い物に困りません。高齢になると、買い物のために遠くまで足を運ぶのは大変ですが、国分寺にいればすべての買い物が完結するので、助かります。

例えば、セレオ国分寺、西国分寺レガ、恋ヶ窪ショッピングセンター、ヴィアージュ(Viage)、ocobunji(ココブンジ)、ニシコクレガ東館、cocobunji WEST、若葉ケヤキモール、nonowa国立 WEST、東武ストア にしこくマイン、などの施設があり、利便性に富んでいます。

アクセスがよく多方面への移動もしやすいことも、嬉しい点です。JR中央線中央特快が停車してくれるので、多方面へのアクセスも簡単です。また、羽田空港の直行するバスも出ていて、飛行機に乗るのも困りません。交通機関も充実していて、コミュニティバスも方々に向かって出ているので、車がなくても十分に困ることなく生活が可能です。

ある研究では一人暮らしの高齢者世帯がどんどんと増えていき、長生きする人が多い一方で暮らし難さを感じる人も増えていくのではという見解も発表されています。その原因は高齢者と高齢者の生活に必要な老化をフォローできる住環境が整うまでに追い付かないためといわれています。少しでも自分の将来を住みやすいものにするためにも、場所選びから慎重に行うことが大切です。

駅周辺にいろいろな診療科目の病院がある

国分寺の駅周辺には、高齢者には嬉しい様々な診療科目のある病院がたくさんあります。年を取るとさまざまな不調を起こしますが、単に内科があるだけでは、専門医に見てもらえないので不安ですし、専門医に見てもらうために遠くまで足を運ばなければならないとなると、体調が悪いのに追い打ちをかけてしまい、本末転倒です。また高齢になると、足腰を痛めるなど、動くこと自体が大変になってくるので、病院が少なかったり遠かったりするのも困ってしまいます。

国分寺は駅周辺にはさまざまな診療科目に対応した病院が存在しています。アクセスも良い立地の中に、診察してもらえる環境が整っているので、非常に安心ですね。

また老後にはかかることの多いであろう、整形外科・リハビリ科・リウマチ科・糖尿病内科・消化器内科・循環器内科もありますので、かなり心強いといえます。専門医からの診察や薬の処方を得られるので、病気や怪我をしても、改善までが早く、もっとも適切な治療を受けることが可能です。どこも駅から徒歩圏内に立地しているので、車やバイクなどの移動手段がない方やシニアカーで移動されるかたにも、嬉しいところです。

高齢者が住みやすい物件

国分寺で老後の終の棲家探しに物件を探す時は、病院の近くであることに重きをおきたくなります。実際高齢になってみないと、どういう物件が高齢者にとって住みやすい物件なのかはわかりにくいものです。実は、高齢者が住みやすい物件というのは、病院が近くにあること以外にも、重視したほうがいいことがたくさんあります。それは「高齢者にとって過ごしやすく住みやすい」「終の棲家にする際の物件選びの条件にするとよい」というものです。

例えば、「コンビニやスーパーが徒歩圏内にいくつかある」「老後の余暇を共に過ごすペットと一緒に暮らせる」「エレベーター完備の物件で、足腰を痛めても階段での上り下りが不要である」「バスとトイレが別で、高齢になっても使いやすい部屋設計である」ということも確認が必要です。

さらに、「室内に洗濯機置き場があり、日々の家事で少しでも楽ができる」「日当たり良好で、健康に良い」「図書館へも徒歩で行ける場所に立地しており、老後の余暇時間を楽しく過ごせる」のような条件の物件だと、より高齢者にとって過ごしやすく住みやすいといえます。

また高齢者を狙った犯罪も増えているので、オートロック機能など安心設備が備わっていて万が一でも犯罪に巻き込まれにくいというポイントも見逃せません。もし、バリアフリーな段差のない設計がされた家ならなおいいといえます。

上記のような条件の揃った物件の場合、物件の相場費用は、1SR賃貸:月々9万円前後、2LDK賃貸:月々7万円~10万円前後、3DK賃貸:月々8万円~12万円前後となっています。

これから老後に向けて新たに国分寺で不動産店を探して物件をいる方は、相場費用や高齢者におすすめの物件探しの条件を押さえながら、自分にとって良い物件を選ぶようにしましょう。実際に家を探すときに、こんなことを希望したい、年を取ってこんなことに困らないような家がいい、と具体的な願望を伝えることで、より早くより確実にあなたにあった生涯の住処が見つかるはずです。

まとめ

老後の終の棲家を国分寺に決めたいと思い、不動産店をめぐって病院に近い物件がないか探そうと思っている方は、非常に老後の生活にも優しく、20もの診療科目のある病院が駅付近にたくさんあることで御安心頂けたのではと思います。

国分寺は、「治安がよく安心安全に過ごせる」「商業施設やスーパーなども多く買い物がしやすい」「アクセスがよく多方面への移動もしやすい」という住みやすさがあります。これらの条件は若いときにももちろん大切な条件ですが、高齢の方にとってはより必要になってくる条件だと思います。

高齢になってみないとわからない、老いてから求めたくなる利便性もすべて兼ね備わった家・マンション・アパートを探して住むようにすることが重要です。「高齢になって困らない物件に住みたいんです」と具体的に不動産店に相談すれば、よりよい案内をしてもらうことができるでしょう。この記事が、国分寺で不動産店を探している人や病院の近くの物件を見つけたいと思っているご高齢の方の役に立てば幸いです。