この記事をシェアする

家族で住むなら国分寺?おすすめの不動産物件

国分寺あすすめの不動産

都内、郊外問わず東京都には多くのエリアがありますが、近年から注目を浴びているのが国分寺エリアです。このエリアは国が指定する文化財があったり、新しいマンションや高層ビルが立ち並んでいたり様々な表情を見せてくれます。そんな国分寺エリアに詳しい不動産が語る、おすすめの物件や選び方を公開しています。単身者やカップルだけでは無く、ファミリー向けの情報を発信しているので賃貸、戸建てか迷っている方にも役立つ情報です。

国分寺は家族で住むのにちょうどいい

このエリアは国分寺駅を中心に本町2~3丁目、南町2~3丁目で構成されていて治安が良く、ファミリーにもぴったりのエリアです。本町エリアは北側、南町エリアを南側と呼んでいて北側は大型商業施設や飲食店がこぢんまりと並んでいる落ち着いたエリアです。新築物件が多く立ち並び、駅から少し外れると閑静な住宅街が広がっています。ちなみに駅周辺の物件は単身者をターゲットにした物件が多く立ち並び、住宅街近辺はファミリー向けが多いです。但し不動産によって扱っている物件が違うので、気になる方は相談から始めて下さい。

南側は北側に比べるとにぎやかな町並みです。駅を降りると北側同様大型商業施設があるのですが、深夜まで営業しているところもあるので帰りが遅くなった場合にも安心です。南口から伸びる多喜窪通りは飲食店やカラオケなどの娯楽施設が多く、様々な人で溢れかえっています。駅の近くには国指定文化財である殿ヶ谷戸庭園があり、雄大な自然を感じさせてくれます。紅葉が有名なスポットでもあるので、シーズンになると多くのファミリーが紅葉を楽しんでいます。駅から離れると北側と同じ様に住宅街が広がっていますが、このエリアは単身者とファミリー向け住宅が半々のバランスで立地しています。

国分寺は公園など自然を感じられる場所が多く、ピクニックや散歩に適しているエリアです。また多くの学校も立地しているので、ファミリーが住むにちょうど良い場所として知られています。また都内よりも家賃が安いのである程度の広さが必要なケースにも対応出来ますし、その割にはアクセスも良く通勤や通学も苦になりません。

不動産の中にはファミリー向け住宅を多く扱っているところもあるので、まずは価格相談から始めるのも良いです。ちなみにこのエリアの平均相場は2LDK以上だと10.5~12.7万円になり、都心の約半分の価格で住めます。但し駅近や間取り、広さは家賃にダイレクトに影響が出るのでちょうど良い塩梅の物件を見つけて下さい。

家族で住む家のチェックポイント

一生涯住む家だから妥協はしたくないですし、しっかりとこだわりを持ってチェックしたいと思うのは当然です。これが賃貸物件であっても高い費用を支払っているのだから、気持ちは同じです。家族で住む場合は子供の学校や、パートナーの仕事の面もあるので一存では決められません。とは言ってもどんな点に気をつけてチェックしていけば良いのでしょうか?

快適住む為には生活動線に気をつけるのが第一です。どんなにグレードが高く高級な設備を揃えていても、生活動線が長くモタモタしているのではストレスが溜まってしまいます。戸建ての場合は2階建、3階建になると生活動線が長くなりがちです。洗濯物をするのは1階だが干すのは2階では、手間がかかりますし面倒だと感じてしまいます。賃貸の場合もファミリー向けは2階建になっているケースもありますし、そうでなくても離れた場所にしか設備がないと家事をするのが苦になります。

また住むにあたって家族の希望・妥協点が一致しているかも重要なポイントです。物事には優先順位があるので、通勤や通学・周辺の環境だったり、プライバシーの配慮だったり気を付けるポイントは多くあります。どうしてもまとまらないと言う場合は、家族と一緒に話し合いながら譲れないポイントを書き出してみると良いです。それから皆で優先順位をつけていけば揉める事はありません。親御さんやハンディキャップのある方と同居する際は、バリアフリー対応している住宅であるのかも重要なポイントです。この場合はアパートよりもマンションの方が設備は整っていますし、防音や防犯などの対策もしてくれています。

但しアパートに比べるとやや家賃が高くなりますし、ケースによっては相場以上の価格になる事もあります。事前に不動産屋の担当者に家賃の上限を説明し、その上で探すのがベターです。小さなお子さんがいる場合、防音設備は必要ですし近隣の環境も重要なポイントになります。物件と言えば家賃や設備だけを見てしまいがちですが、家族と気持ち良く住むからこそ細部にまで目を通して下さい。

国分寺の不動産情報

国分寺にあるいくつかの不動産情報や相場を知り、実際の物件選びの判断材料にして下さい。一般的にファミリー向け物件と言えば3LDK以上になりますが、このエリアの相場は9.9万円程度です。手頃な物件になると3LDKで6.6万円とかなりリーズナブルな価格の物件もあります。専有面積が36平方メートルとやや狭いですが、洋室がメインで収納も複数あるので小さなお子さんのいるファミリーにおすすめの物件です。ちなみに駅から徒歩10分程度なので、通勤時も苦にならないのが特徴です。

続いては賃貸でもアパートでは無くグレードの高いマンションの家賃はなんと29.5万円となり都内の相場よりは安いですが、それでも高額物件です。専有面積は71.04平方メートルと広めで、駅から徒歩1分の駅近物件です。築年も2年と浅く、ペット相談可能なので家族全員で住める素敵なマンションです。LDKが12帖以上で広いだけでは無く建物内にラウンジが設置させていたり、宅配ボックスなどもあったりするので快適に生活出来ます。

続いてはファミリー向けの新築戸建にスポットを当てていきます。国分寺エリアで新築戸建の平均相場は4~5000万円程度です。但しこの価格帯だと駅から徒歩10分程度かかるので、駅近を希望する場合はもう少し高くなるので気をつけて下さい。新築の場合は学校が近い物件が人気の様で、駐車場が2台ついているところが多いです。洋室をベースにした住宅で各部屋に収納がついています。トイレも1階につき1つあるので、トイレトラブルで悩まされる事もありません。

LDKが15帖と広めなので家族団らんにもぴったりですし、耐震設備にもこだわっているので安心して住める住宅で、価格は4280万円です。高級物件を扱っている不動産だと全室に床暖房があったりテラスやウッドデッキ、更には山が見えたりするなどハイグレードな戸建てもあり価格は9000万円ほどです。相場よりもかなり高額ですが、それに見合った設備が揃っています。賃貸・戸建てどちらも一長一短なので、自分の家族に合う形式を見つけて下さい。

まとめ

家族が住むのにおすすめのエリアといえば、東京の自然をたっぷりと感じられる国分寺エリアです。北側は閑静な住宅地があり、落ち着いた雰囲気でファミリーにぴったりですし、南側は賑やかな商業施設と国が指定する文化財があり歴史や自然を感じながら家族で楽しめます。

賃貸・戸建てと多くの物件を扱っている不動産も多く、物件契約するには家族全員で条件や希望を出し合い、その優先順位を決めておけば、大きなトラブルや失敗の回避になります。