この記事をシェアする

60歳からの住宅ローンは可能?

住宅ローン60代1

子供たちが家を出ていった後の老後は、広い家ではなく夫婦二人でこぢんまりとゆっくり暮らしたいと考えている方もたくさんいらっしゃるようですが、はたして60歳からの住宅ローンということは現実的に可能なのでしょうか?

ここでは、60歳を超えてから住宅ローンを組めるかどうかについて調査した結果を紹介しています。

60代で住宅ローンの審査に通るポイントや、ローンを組む方法などを詳しく解説しているので、賃貸でも持ち家でも、現在お住いの広い家から何かと利便性の良い小さい家へ移り住むことを希望されている方は、じっくり読んで是非参考にしてください。

審査に通るポイント

住宅ローンを組んだことがある方や、それについて調べたご経験がある方ならご存知かと思いますが、申込時の年齢は70歳未満で、完済時の年齢が80歳に設定している金融機関が多くなっています。

それなら60歳からではローンを組むことはできないのでは?と思ってしまう方もいるかもしれませんが、つまり申込時の年齢が70歳に達していなければ、それから80歳までの間は住宅ローンが利用できるということを、ほとんどの金融機関が謳っていることになり、60代であれば住宅ローンを組む権利があるのです。

審査に通るには収入や健康状態がポイント

年齢に関わらず、住宅ローンを組むためには金融機関の審査にパスしなければいけません。各機関で審査の基準は異なりますし、それを明確に表示することもありませんので、一概にここが大事と言うことはできませんが、確実に伝えられることは、いずれの金融機関も毎月きちんと返済してもらえれば文句はないわけで、それができる能力がある人には積極的に融資を実行してくれます。

60歳を過ぎても、この先安定した収入があればそれも審査に通るポイントとなり、十分過ぎる資産があれば、それも大きな判断材料になります。

今後受給予定の年金をアピールしようと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、支給が開始されていないものを金融機関に見立ててもらうことには期待できなくて、すでに定年を過ぎていたり間近に控えている場合は、審査に不利に働いてしまいます。

したがって、できるだけ審査に通るようにするには、安定した収入が今後確保できることや、所有する資産をアピールすることが非常に重要となってきます。

また、民間の金融機関の住宅ローンを利用するには、団体信用生命保険への加入が必須となっています。60代ともなると、持病や過去に治療や手術歴があるという方も多いと思われます。

  • 3ヶ月以内の治療歴
  • 3年以内の手術歴
  • 3年以内の2週間以上かかった治療歴

上記は団体信用生命保険の告知事項で、これに当てはまる場合は保険への加入が難しくなり、住宅ローンを組めないことになってしまいます。

60歳で住宅ローンを組む方法

まだ年金も受給していないし、健康面にも不安があるし、十分な資産もないから老後を送る新しい住み家を手に入れることはできないと諦めてしまう方も少なくないと予想されますが、しっかり計画を立てて自分に合った方法を選択することで、住宅ローンを組める確率をアップさせることができます。

返済負担率を下げる工夫をしよう

金融機関が審査の大事なポイントにするものに、「返済負担率」があります。これは収入に対する返済額の割合のことで、無理なく返済できる基準になる数値が25~35%となっています。

今の時点でこの数値を達成できない方でも、退職金を受け取って自己資産を増やしてから借入額を減らすことにより、多少年齢が高くなったとしても、返済負担率を大幅に下げることが可能になる分、審査にパスする可能性を上げることができます。

フラット35を利用しよう

健康面で不安をお持ちの方には、民間の住宅ローンではなくフラット35の利用をおすすめします。なぜなら、フラット35では団体信用生命保険の加入を任意としているからです。

フラット35とは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携している長期固定金利の住宅ローンで、質の高い住宅の取得を支援しています。

したがって、担保物件の審査はどうしても厳しくなってしまいますが、十分な返済能力があるのに健康面の不安だけで新しい老後の生活を諦めなければいけない方には、利用を検討してみる価値は十分にあると思います。

老後の生活にはマンションがおすすめ

住宅ローン60代

老後に新しい家に住み替えたいと希望するのは、一緒に暮らしていた子どもや親御さんがいなくなって、二人では家が広すぎるとか、家が古くなって年寄りにはメンテナンスが大変だし、建て替えしても長く住めないので意味がないなどの理由があります。老後の住まいとしてマンションを選ぶ方が最近では増えていて、それには納得の理由がいろいろあります。

買い物などの利便性に優れている

戸建て住宅は、駅から離れた郊外に建てられているケースがほとんどですが、マンションだと駅前に立地している物件も多く、駅前には商店街をはじめとしたショッピング施設が多く集まっているため、体の衰えから車を手放さなければいけなくなる高齢者には、特に利便性が高く住みやすいことになります。

駅前には、買い物以外にも病院や銀行などの公共施設もたくさん揃っていて、隣町への移動も含めて交通の利便性も抜群です。

購入費用が安くすむ

新築マンションだと、広い土地付きの一軒家と価格面では遜色ない物件も多いですが、中古になるとマンションには広い土地が付かない分、安く手に入れられる確率が高くなります。ご夫婦で住む場合は間取りも1LDKで十分なので、借入額も最小限に抑えることが可能となります。

一軒家に比べて管理が楽ちん

一軒家だと、家の中の掃除だけでなく、庭のお手入れも必要となりますが、マンションであれば限られた部屋の中のスペースをキレイにすればいいだけなので、日々の肉体的な負担を大幅に減少させることができます。

一軒家からマンションに住み替えすると、管理費修繕積立金を毎月支払わなければいけませんが、その分外構や共用部分の管理や修繕やメンテナンスは、すべて人任せにできる大きなメリットを得ることができます。

防犯面での不安を解消

最近では、高齢者をターゲットに詐欺を働く輩が増えていて、家の中にいても、無理やり侵入してお金を盗みにくる「アポ電強盗」などが世間を騒がせています。

詐欺集団でなくても、一軒家の場合はどうしても玄関や窓などから空き巣や泥棒に入られる危険性が高いですが、マンションの高い階に住めば、窓から侵入される心配も不要で、マンションの多くはセキュリティ対策がしっかり取られています。

完全バリアフリーで高齢者には最適

築年数が経っているマンションだと、エントランスや玄関の入口にも段差が設けられている物件もありますが、ある程度新しいマンションだと、完全バリアフリーで段差が完全になくなっていて、車いす生活をスムーズに送れる配慮もなされている物件が増えています。

戸建住宅だとどうしても階段が備わっている可能性が高くなりますが、マンションだとほとんどが階段のないワンフロアーで、移動もエレベーターでできるので、高齢者には最適な環境が整っています。

まとめ

住宅ローン60代2

20代から40代の若い世代に比べると、60歳を過ぎて住宅ローンを組むには、金銭面だけではなく健康面などネックになるポイントはたくさんあります。

ただし、返済期間を短くしたり、返済負担率を下げたり、住宅ローンを無理なく返済できることを金融機関に示すことができれば、60歳からでも住宅ローンを組むことは十分に可能となっています。

老後の生活を送るには、生活する上で利便性が高く、完全バリアフリー化されたマンションもおすすめですので、情報収集をしっかり行い、パートナーやご家族ともしっかり相談して、老後を豊かにできる新たな家を手に入れてください。