この記事をシェアする

売主必見!不動産会社の得意分野を見極めて賢く物件を売る方法とは

不動産はなるべく高く売りたいものですよね。しかし、買主の見つけ方や物件の値段相場、契約に必要な書類など、分からないことだらけという人も多いのではないでしょうか。そんな売主の悩みを解決してくれるのが不動産会社です。ただし不動産会社ならどれでもよいわけではありません。今回は、会社ごとの得意分野や強みを見極める方法をご紹介していきます。自分の不動産を売るのにぴったりの会社を見つける参考にしてみてくださいね。

不動産会社を利用した売却までの流れ

そもそも、不動産の売却までにどのようなことが行われるのかイメージがわかないという人も多いでしょう。まずは、不動産会社を利用して物件を売却するまでの流れを確認していきましょう。

まず、第一ステップとして不動産会社に売りたい物件の査定を依頼します。物件にどれくらいの価値があるのか、プロの目で判断してもらうのです。この時、なるべく複数の会社に査定を依頼しておきましょう。これによって、各社の査定額が適当なのかを判断できますし、なるべく高額の査定を出してくれた会社に依頼をすることもできます。また、査定の依頼前に自分で土地や建物の価格相場を調べておくことも重要です。あまりにも相場からかけ離れた査定額が出た場合には、その理由をきちんと問い合わせましょう。相場はインターネットでも調べることができますよ。

次のステップは、不動産会社に仲介を依頼することです。これを媒介契約と言います。この契約後、不動産会社では物件の広告宣伝活動をしたり、現地見学希望者とのやり取りやスケジュール調整をしたりと、販売に向けての活動を行っていくことになります。この時に、どの会社へ依頼するかによって売れるまでの期間に大きく差がでることもありますので、慎重に会社を選ぶことが重要です。基本的には、購入希望者とのやりとりは不動産会社が主に行うことになるため、不動産の売買契約成立までは特に売主側でしなければならないことはありません。

最後に、売買契約成立後の動きについてです。契約成立後、買主が代金の支払いを完了した後に建物の引き渡しが行われます。この時、登記申請を行います。登記は、その土地や物件の所有者が誰かを示すもので、申請するのは抵当権の抹消や所有者の移転についてです。こういった手続きに関しても、仲介を依頼している不動産会社でどのように行えばよいのかサポートしてもらえますので、専門知識があまりなくても大丈夫です。

このように、仲介を依頼することによって売主の負担がかなり軽くなります。取引自体もスムーズに進むので、利用しない手はないと言えるでしょう。

不動産会社にも得意分野がある!

一口に不動産会社と言っても、実は販売を得意とする物件の種類は会社ごとに違っており、それぞれに得意分野があります。会社の得意分野が分からないままに、畑違いの内容で仲介を依頼してしまうと、物件がなかなか売れずに媒介契約の期間も長くなってしまいます。なるべく早く、そして高く物件を売るためにも、正しい会社を見極めて依頼をすることが大切になるのです。では、不動産会社ごとの得意分野とは一体何なのか見ていきましょう。

不動産会社にもタイプがあり、大まかに4種類に分けられます。その4つとは、分譲業者、賃貸業者、売買業者、専門系業者です。分譲業者はデベロッパーとも呼ばれ、大規模な区画分譲などを行う開発業者のことです。基本的には自社で建てた物件を売ることを得意としています。賃貸業者は、戸建てからアパート、事務所や商業用の建物まで幅広い賃貸物件を取り扱う業者です。一人暮らしの経験がある人には聞き馴染みのある会社も多いのがこの賃貸業者でしょう。売買業者は個人が所有している物件の媒介を行ったり、買取や販売も行う業者のことです。最後の専門系業者は、商業施設の開発業者や不動産投資ファンドなど、一般的にはあまり聞き馴染みのない業者になっています。

この中で物件の売買を依頼するのは名前からも分かる通り売買業者なのですが、その売買業者の中でも更に得意分野が分かれているのです。簡単に言うと、売主への対応を得意としているか、買主への対応を得意としているかという違いです。

売主への対応が得意というのは、つまり物件の売却依頼を受けることで力を発揮するタイプということ。物件の査定ができる専門知識を持っており、市場価格の相場なども理解した上で最適な売り出し価格をアドバイスしてくれます。反対に買主への対応が得意な業者は、大々的な広告活動で集客をすることができ、どちらかと言えば買主に有利な売買に役立つ情報を多く持っています。不動産の売却を依頼する場合、売主の立場であればもちろん売却依頼を受けることで力を発揮するタイプの会社にお願いするのがよいでしょう。

依頼をするなら大手?地域密着型?

不動産会社の中にも様々なタイプがあることが分かりましたが、ここで気になってくるのは大手と中小、どちらに依頼するのがよいのかですよね。大手はネームバリューもあり安心な印象がありますし、中小は地域密着型なので親身な対応と確かな売却力がありそうです。一体どちらに依頼すべきなのでしょうか。

実は、結論から言うと会社の大きさはあまり関係がないんです。確かに大手の会社の方が一般に広く名前も知られている分、集客力は高いと言えるでしょう。しかし本来、売却物件の情報はレインズと呼ばれる不動産会社間の情報共有システムへ登録することが義務付けられており、会社の大小に関わらず全ての不動産会社が顧客へ紹介できるようになっています。

このレインズに登録された物件を、登録した会社以外の不動産会社が売った場合、仲介手数料を貰えるのは当然ながら売った会社になります。登録した会社は売主からの手数料しか貰えないのです。そのため、一部では物件を登録した会社が、売主と買主どちらからも手数料を得るために他社の購入希望者を断るというケースもあるのです。こういった販売活動を行う会社の場合、中々買い手が見つからずに販売期間が長期化するということもあります。

どれだけ会社の規模が大きくとも、物件とマッチする購入希望者がいなければ売ることはできません。もちろん抱えている営業スタッフの数は大手の会社の方が多いですし、見込み客と呼ばれる購入意欲のある顧客の数もやはり大手が勝っているでしょう。しかし売却物件が人気の地域にあったり、価格が安かったりなど好条件であればあるほど、購入希望者は見つけやすいため大手と中小の間で売却までの時間差はあまり出ません。

それよりも、売却を依頼した物件に対して他社の購入希望者が現れた場合に、手数料目当てでそれを断るようなことがないかが重要です。これに関しては中々外部からは判断しにくい傾向にあるので、査定の際などに会社のスタッフと会話をし、どのような売却活動を行ってくれるのかを確認しておくしかないのです。

まとめ

物件の売却は大きな決断ですし、高額なお金も動くので慎重に進めていきたいですよね。そんな不動産売却においてカギになるのが、不動産会社の得意分野を見極め、正しい会社への依頼をすることだと確認してきました。売買業者の中でも、特に売却の依頼を受けることを得意としている会社に依頼することで、売主にとって好条件で売ることができます。

会社の大小に関してはあまり関係がなく、むしろ手数料目的の囲い込みなどを行っていないかを見極めることが重要です。後悔しない不動産の売却をするためにも、信頼できる不動産会社を選びましょう。