この記事をシェアする

不動産のインスペクション(建物状況調査)制度とは?

不動産売買をすることになると、必ず耳にすることになるのがインスペクションです。多くの方にとってはあまり聞きなじみのある言葉ではありませんが、売買をする際には知らないと困ってしまうことになります。知らなかったことでトラブルになってしまうことがないように、きちんと知識を付けておきましょう。調査そのものの基礎知識、そのようなことを調査するのか、そして調査を行うホームインスペクターとはどのような仕事なのかについて説明していきます。現在売買の予定がある方も、これから予定している方も読んでみてください。

インスペクション(建物状況調査)とは

インスペクションとは、不動産物件の設計や施工に関する知識も持っている専門家が建物の劣化や損傷箇所があるかどうかについて調査を行い、修繕が必要な箇所についてはその時期を客観的な立場で調べる建物の状況調査のことを言います。

調査の対象となるのは住宅で、マンションやアパートなどの集合住宅も含まれます。基本的に店舗やオフィスビルなどは対象とはなりませんが、その一部に住宅がある場合には住宅部分のみが建物状況調査の対象となります。

調査が行われるのは新築の家が完成して入居をする前や、リフォームを行った際、そして中古住宅の売買をする際です。中古住宅の場合は、売り主も買い主も個人であることが多くあまり物件に関する知識がありません。その状態で売買をしてしまうと、後から問題が発生してしまうことがあります。そうならないためにも専門家にきちんと調査をしてもらい、状況を把握した上で売買を行うというのはとても重要なことになるのです。

インスペクションを行うメリットは買い主、売り主の双方にあります。買い主側のメリットとしては購入する住宅に問題や欠陥がないかをチェックしてから購入することが出来るので、安心であるということです。中古住宅を購入する場合にも、どれくらいの修繕がいつ頃必要になるのかを知った上で購入することが出来ますので資金計画が立てやすくなります。

売り主側のメリットとしては自分でも気が付かなかった欠陥箇所を把握することができ、後から発覚してトラブルになることを避けることが出来るということです。そして購入希望者に対して問題のない物件であるということが証明出来ます。それによってより売りやすくなりますし、適正な価格であるということも分かってもらいやすくなります。

どういうことを調査するのか

ではインスペクションで調査するのはどのようなことなのでしょうか?まず対象となるのはあくまでも住宅となる建物だけであり、土地の地盤や土壌汚染などを調査することはありません。

建物の外側で調査するのはまず基礎部分のひび割れ、モルタルに浮きや劣化はないか、水切りはきちんと出来ているかです。そして外壁にひび割れや傷、鉄華はないか、仕上げ材に浮きはないかなどです。また軒裏では割れや劣化している部分はないか、水が漏れている箇所や漏れていた箇所の跡はないかをチェックします。さらに屋根の仕上げ材に問題はないか、劣化している部分はないかなどについて基本的には目視で時には専用の器具を使用して調査していきます。

建物の室内側ではまず床や壁に傾きやひび割れや傷はないか、仕上げ材に劣化している部分はないかを調べます。そしてドアや窓などの建具は正常に動くか、傾いていたり損傷している箇所はないかも見ていきます。さらにキッチンや洗面所、トイレやお風呂などの水回りが問題なく動作するのか、排水はきちんとするのか、水漏れなどはないかなども調査していきます。屋根裏に関しても柱や梁に劣化している部分やひび割れはないか、雨漏りなどはしていないか、断熱材の使用状況あどについて見落としなく調べます。

そして床下部分に関しては基礎の内側にひび割れや劣化している部分はないか、土台に劣化やひび割れはないか、きちんと固定されているかを調査します。さらに配管の状況や、断熱材の使用状況などについても見ていきます。

このように住宅の外側、内側の様々な箇所について調査を行っていきます。今回ご紹介したのは主な調査項目ですが、その他にも目視すること出来る箇所であれば細かな部分まで徹底的に調査を行います。普段は確認することのない部分は特に見落としがちになりますので、インスペクションを行ってもらう際にはしっかりとチェックしてもらうようにしましょう。

ホームインスペクターとは

住宅診断士の資格のことを、ホームインスペクター言います。専門的立場から、客観的に住宅を診断することが主な仕事です。国家資格ではなく、民間の資格ですので受験するのに特に制限もなく誰でも挑戦することが出来ます。

試験では住宅の診断をするために必要となる、建物や不動産の基礎知識や住宅を診断するための検査方法などが出題されます。資格に合格して資格を取得すると、建物状況調査を仕事として行うことが出来るようになります

ホームインスペクターの資格を取る人は建築士や、不動産会社の人が多いです。建築士の人は住宅の診断をしながら設計や提案をすることが出来ますので、よりクライアントのニーズに応えやすくなりますし説得力も増します。不動産会社に勤務する人はホームインスペクターを取得することによって、専門知識をきちんと身につけることが出来ますので仕事上の様々な点で役立てることが出来ます。

ホームインスペクターが診断するポイントとしては、屋根などの住宅の外から室内、床の下、天井、なども含めてその他の住宅の様々な設備など非常に多くあります。チェックポイント確認して欠陥や修繕が必要なところ、劣化しているところを指摘してアドバイスをすることが主な仕事ですので、対象となるのは中古住宅の場合が多いです。中古の家屋ではメンテナンスが非常に重要になりますので、きちんとした住宅診断を行うことによって修繕が必要な箇所を早期に見つけることが出来ます。それによって住宅そのものの寿命を延ばすことも出来ますので、非常に重要な役割をしているのです。

また、ホームホームインスペクターは第3者的立場を保つということがとても重要です。買主側、売主側のどちらにつくこともなく客観的な立場で住宅の診断を行います。

まとめ

不動産物件の売買というのは、とても大きなお金が動く重要なものです。そのため買い主にとっても、売り主にとってもその物件に問題がないかということを証明することは安心して売買をするために必要なことです。

住宅に問題点がないかどうかを専門的な知識を持った人が調査することをインスペクションと言います。住宅の内側と外側の様々な部分において基本的には目視、時には専用の器具を使用して欠陥や問題点、修繕が必要な箇所がないかどうかについて調べていきます。そして修繕が必要な箇所があった場合には、いつ修繕を行うべきなのかについてもアドバイスを行います。

インスペクションを行うことによって買い主は購入する物件に問題がないことが証明された上で安心して購入することが出来ますし、売り主は物件に問題がないことを証明して後でトラブルになることを避けることができます。また欠陥や問題点のない物件であることがきちんと証明されていることによって売りやすくもなります。

調査を行うための民間資格としてホームインスペクターという資格があります。資格を取得するために制限などはなく、誰でもチャレンジすることが出来ます。建物状況を調査することは、住宅の売買の際に主に行われます。そしてその中でも個人間のやり取りが多くなる中古住宅の売買では、調査を行うことが非常に重要になります。近年では中古住宅の需要が高まっているので、これからさらに活躍する場所が増えていく資格であると言えるでしょう。