この記事をシェアする

ぴったりの不動産会社と出会いたい!肝心なのは売主の情報収集

不動産会社には、よくテレビcmで名前を耳にするような大手から、地域密着型の中小企業まで様々なタイプがあります。物件を売却したいと考えている場合、依頼をすべき不動産会社がどこなのかよく分からないという人も多いのではないでしょうか。自分が売りたい物件にとってぴったりな会社と出会うことが、スムーズな売却への第一歩とも言えます。ぴったりな会社の見極め方はもちろん、選ぶ際のポイントや、情報収集についても見ていきます。

ぴったりな不動産会社の見極め

早速、ぴったりな不動産会社の見極め方について見ていきたいのですが、そもそも何をもってぴったりだと判断できるのか分からないですよね。そこで、まずは売主の条件や希望に対して、どのような不動産会社が合致するのかを確認していきましょう。

実は、物件の売却を依頼できる不動産会社の中でも、何に特化しているかによってその得意分野が分かれています。分類としては大きく2つ、対売主の対応を得意としているか、対買主の対応を得意としているかです。一体何が違うのかというと、対売主の対応を得意としている会社は不動産の売却依頼を受けることを得意としており、物件の査定を行うことができたり、物件や契約内容に関するより専門的な知識を持っていたりします。

一方で対買主の対応を得意としている会社では、広告などの宣伝活動が盛んで、多くの営業スタッフがおり、買主に対して便利な住宅ローンに関する知識が豊富です。つまり、売り手側である場合には、物件売却の依頼を受けるのを得意とする会社を選ぶほうがよいのです。売ろうとしている不動産の適正な価格を示してくれますし、より高い金額で売るためのアドバイスなども行なってくれますよ。

物件の売却依頼を受けのが得意な不動産会社の中でも、更に取り扱っている物件に特徴があるという場合もあります。売主が個人の場合、その多くは中古の戸建てやマンションなどですが、稀にビルや事務所、商業施設などの場合もありますよね。そういった特殊な建物の場合、買主となり得るのは個人よりもむしろ企業などになります。企業に対する物件の紹介が得意な会社へ依頼することで、あまり日数をかけずに売ることができるでしょう。その不動産会社の見込み客となっているのが、個人だけでなく企業なども含まれているのであれば安心ですね。

このように、まずは不動会社は全て同じだと思い込まずに、各社が得意としている分野をきちんと知ることが大切です。ここを意識して選ぶことで、より希望に合致する不動産会社と出会えます。

不動産会社選びで注意したいポイント

ぴったりな不動産会社の見極め方として、大前提となるのは会社ごとの得意分野を知ることだと分かりました。では実際に不動産会社を選ぶ際には、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。

不動産業界でよくあるのが、手数料目当てで自社の見込み客にだけ物件を売ろうとして、その結果売れるまでに長い期間がかかってしまうというパターンです。売却を依頼された物件は、必ず業者間の情報共有システムであるレインズに登録されます。このレインズに登録されている物件であれば、基本的にどの会社が紹介しても問題はないことになっています。

ここで起こってくるのが、売主と買主を1つの会社が独占しようとする問題です。例えば、A社が売主から売却を依頼されてレインズに登録した物件を、B社が自社の顧客に紹介し、契約成立となればB社は買主から手数料を得ることができます。もちろん物件が売れたのですから、A社は売主からの手数料を得られます。しかし、もしもA社が売却を依頼された物件をA社が顧客に紹介し、契約成立となった場合はどうでしょうか。この場合、A社は売主と買主どちらからも手数料を受け取ることができるのです。これを専門用語で「両手」と呼びます。

このような売り方をする会社では、顧客が上手く見つからず、他社の顧客を断ることがあるため、なかなか物件が売れないというケースがあります。こういった売り方をしないかどうかが、重要なポイントであると言えますね。また、査定の段階で相場よりもかなり高い金額を提示された場合は要注意です。そもそも本当にきちんと査定ができていたのかはもちろん気になりますが、最初に高額な査定金額を提示して仲介契約を結び、後から値下げをされるというパターンもあるのです。

情報収集の方法とは?

物件を売るのに最適な不動産会社を選ぶためには、どのように情報収集を行えばよいのでしょうか。物件そのものと違い、インターネットで気軽に情報収集ができるのでしょうか。

インターネットで情報収集する場合、不動産会社のホームページなどを見て調べることが多いでしょう。そんな時によく目にするのが、仲介手数料無料という宣伝文句ですよね。一見すると、利用者側にとってかなりのメリットがあるように感じるこれらの宣伝文句には、冷静に考えるとおかしな点があります。主に不動産仲介業をメインにしている会社であれば、収入源となっているのは仲介手数料のはずですよね。

仲介手数料は売り手側からも買い手側からも受け取ることができるものですが、それらを本当に無料にしているのなら一体どうやって利益を出しているのか分かりませんよね。通常、売却依頼者である売主か、購入希望者である買主のどちらか片方のみ、手数料を無料にしているという会社が多いのです。

売り手側の仲介手数料を無料にしている会社の場合、売り手にとってはかなり好都合であるように感じますよね。しかし、ここにも落とし穴があるのです。売り手側からの手数料が期待できない状況で、どのように利益を生み出すのかといえばもちろん物件を買主に紹介し、買主から仲介手数料を受け取る以外にありません。

この時、例えば自社でレインズに登録した物件が他の会社によって売られてしまった場合、買い手からの手数料は貰えず完全にタダ働きになってしまうのです。こういった状況を避けるために、レインズへの登録を遅らせる、取り消すなどの行為をする他、他の会社からの紹介依頼を断り、自力で買主を探そうとする場合があります。こうしたことが、販売期間を長引かせたり、不要な値下げの原因になったりするのです。

情報収集の方法としては、インターネットよりも直接担当者に話を聞くことが重要です。もちろん、顧客である売主に内部の事情まで気軽に話すようなスタッフはいないでしょうが、話し方からどういった売り方をしているのかを判断するカギになります。また、実際にその会社を利用して売買を行った人に話を聞けるとより安心できますね。

まとめ

今回は、売主が良い不動産会社に出会うための情報収集についてご紹介しました。不動産会社も様々で、得意とする分野もそれぞれ違っています。そんな中で、自分が売りたい物件を扱うのが得意な会社を見つけることが重要だと分かりました。

仲介手数料を無料にするなどの宣伝は一見するとお得なように感じますが、その一方でわざと物件の売却が遅くなるような方法を採っていないかを確認しなければなりません。担当者や会社のスタッフとじっくり話をし、安心感を深めてくださいね。