この記事をシェアする

国分寺はペットOKの不動産物件が豊富?

ペットを飼っている人、飼いたいと思っている人にとって飼うことの出来る物件であるかどうかということは住む家を探す際に非常に重要なポイントとなります。ではそもそも飼うことが出来るのはどのような物件なのか、多くみられるトラブルやそのトラブルを回避しながら一緒に暮らしていくためにはどうしたら良いのかについて見ていきます。東京都内で住宅地として人気の国分寺には、飼うことが出来る不動産物件が多くあるのかどうかについてもあわせて見ていきますのでぜひ参考にしてみてください。

ペットOKの物件はどんなお部屋?

ペットと一緒に暮らしていきたいと思われるのであれば、まず一番重要なことは飼うことを許可されている物件を探すということです。許可がおりていない物件には、どんなことが合っても一緒に住むことはできません。賃貸物件の中には、飼うことを許可していない物件というのも少なくはありません。そういった物件で決まりを破って飼った場合には、トラブルの原因になりますし、最悪の場合訴訟問題となってしまうこともあります。

飼うことが許可されている部屋で確認しておきたいことは、防音性があるかということと退去する際の契約内容についてです。ペットに関するトラブルで多いことは鳴き声による騒音トラブルです。きちんと防音性のある部屋であればトラブルを回避出来ますし、ストレスなく暮らしていくことが出来ます。

また退去する際に飼っているペットが原因で着いてしまった傷や汚れなどの扱いはどうするのかということを、きちんと確認しておく必要があります。入居する前の契約の時点で、必ず明記されています。後で後悔することがないように、必ずチェックしておきましょう。

そして飼うことを許可されている物件だけではなく、最近では共生型といって一緒に快適に暮らしていくことを前提として作られている物件もあります。共有スペースにドッグランや専用の足洗い場、汚物処理のための設備、トリミング用の施設などがあるところもありとても便利です。

各部屋にもくぐり戸付きのドアや玄関のフェンス、トイレ用のスペースなどがあるところもあり、安全にそして快適に暮らしていくことが出来るようになっています。さらに壁や床が傷つきにくいようになっていたり、壁が防音性の高いものになっていたり、空気清浄機で臭いのケアが出来るようになっているところもあります。こういったものがあることによって、騒音や臭い、傷などの様々なトラブルを回避してストレスなく過ごすことが出来ます。

せっかく一緒に暮らすのであれば、自分も他の入居者も、そしてペット自身も快適に暮らして行くことが出来るような部屋を探すようにしましょう。

ペットのトラブルって多いの?

不動産物件でのトラブルの中でも、ペットに関するものというのは非常に多いです。ではよくみられるトラブルにはどのようなものがあるのか、見ていきます。

まずは鳴き声や部屋の中を走り回ることによる足音などの騒音に関するトラブルです。部屋の防音性が高くなっている場合もありますが、そうではない物件の場合にはこういった騒音はかなり問題になりやすいです。しつけをしっかりしてあったとしても、子供とは違って言葉は通じません。普段は良い子にしていたとしても、言うことを聞いてくれないことも多くあります。

多くの物件は飼うことを許可されていたとしても、普通の物件です。当然ですがペットを飼っていない住人の方もいます。そういった方からは理解を得にくいのでトラブルの原因になってしまいやすいです。

次に挙げられるのが、臭いに関するトラブルです。ペットの汗やおしっこの臭いというのは、悪臭の原因となります。消臭スプレーなどで対策をしているから大丈夫と思われるかもしれませんが、思っているよりも遥かに強烈ですので業務用の洗剤や、専門業者のクリーニングなどでしか臭いを取ることは出来ません。

毎日一緒に暮らしていると、その臭いに慣れてしまってあまり気にならなくなってしまうかもしれません。しかしその臭いがドアの隙間やベランダから隣の家まで出ていってしまうと、他の住人の方に迷惑をかけてしまうことになります。

その他にも自分の住んでいる部屋だけではなくマンションやアパートの入り口や通路、エレベーターなどの共有スペースを汚してしまうことによってもトラブルが起きてしまうことがあります。散歩から帰ってきて、汚れた足を洗うことなく歩き回ってしまうことや排泄をしてしまうことが原因となります。これらのトラブルは、飼い主がきちんと足を洗ってあげなかったらり、排せつ物の処理をしないというモラルの欠如が引き起こすものです。

その他にも、様々なトラブルが考えられます。きちんとルールを守ること、そして他の住民の気持ちをきちんと考えて皆が快適に暮らすことが出来るように様々なことに気を付けて暮らしていく必要があります。

ペットと幸せに暮らすために

ではペットを飼うことによって起きてしまいがちなトラブルを回避しながら、一緒に幸せに暮らしていくためにはどうしたら良いのでしょうか?

まずは当然ですがルールを守るということです。飼うことが認めている物件であっても、必ずルールというものが設定されています。それは全ての住民が快適に暮らしていくためには、守ることが必要となるものです。そういったルールを守らずに自分勝手に行動してしまうことが他の住民の方に迷惑をかけてしまい、トラブルを引き起こしてしまうことに繋がりますので注意する必要があります。

また隣に住む方や下の階に住む方との関係を良好に保つ努力をする、ということもとても重要です。入居をする際には必ず挨拶に伺うようにして、自分がどのようなペットを何匹飼っているのかということなどの様々な情報をきちんとお伝えしておくようにしましょう。そして偶然会った場合などにもきちんと挨拶をしたり、日頃迷惑をかけていることはないかを自分から確認するようにしましょう。

もちろん臭いや騒音などで迷惑をかけてしまうことがないように、自分で努力をすることは大前提です。しかしきちんとケアしていたとしても、気が付いていないけれども困らせてしまっているということもあるかもしれません。そういった場合であっても、深刻なトラブルになる前に不満を聞くことが出来れば問題が大きくならずに済むことがあります。そのためにも日頃からよくコミュニケーションを取っておくというのはとても有効な方法です。

マンションなどの集合住宅で幸せに暮らしていくためには、いくら飼うのは自分の部屋の中だとは言っても他の住民の方のことをきちんと考えなければいけません。不快な思いや、迷惑をかけることがないように気配りをしたりしつけをする努力をするようにしましょう。

まとめ

国分寺は住宅地として非常に人気のあるエリアですので、ペットを飼うことが出来る物件も多くあります。駅から少し離れると、公園などの自然も多くありますので散歩をする場所に困ることもありません。

近年では共生型の物件も多くなっていて、より快適に暮らすことが出来るような施設や環境づくりがなされています。そういった物件ではトリミングルームや足の洗い場があったり、部屋の中の防音性が高かったり、空気清浄機が付いていたりといった様々な工夫がされているのでペット自身も飼い主もとても暮らしやすいです。

しかし騒音や臭いなどが原因で、トラブルに発展してしまうことも多いです。そうならないためには、まずは決められたルールをきちんと守ること、しつけや臭いのケアなど出来る限りのことはすることが大前提です。その上で他の住民の方への気配りや挨拶をしっかりと行い、コミュニケーションを取りながら暮らしていくということが大切です。