この記事をシェアする

オーダーメイド住宅の価格相場

住宅購入は、人生で一番大きな買い物でもあります。決して安い買い物ではありません。しかし人生で何回も買うものでもないので、妥協や後悔のないようにしたい所です。

オーダーメイド住宅は一般的な建売住宅よりもさらに高いイメージがあるかもしれませんが、一概にオーダーメイドの方が高いものともいえません。なぜなら、オーダーメイドすることで、予算に合わせて作ることが可能だからです。そして何より家族の要望に沿った、希望を詰め込んだ住宅を建てることができます。

価格相場がどれくらいなのか、また購入を迷われている方は是非参考にご覧ください。

住宅のオーダーメイドに必要な費用は?

必要な費用の考え方について見てみましょう。

まず、土地の有無によって、全体の支出が大きく変わります。土地を持っているなら、建物部分のみに費用をかけることができます。その場合、全国平均は3300万円前後です。一方、土地も買わないといけない時、その費用が上乗せになるのですが、800~1000万円費用が上乗せになるようです。これらはあくまでも平均の価格なので、土地が高いエリアではもっと高くなるかもしれませんし、同じ広さでも土地の形がいびつなら価格は下がります。

土地購入の際に支払うお金の内訳ですが、手付金が土地代の5~10%、印紙税や仲介手数料の半金などの購入諸費用、購入物件の残金となります。土地を先に購入して、建築会社やハウスメーカーにいくのもいいですが、建築基準法の関係で希望の家が建てられないということもありますし、建物部分費用も合わせて費用の相談をしたいなら、土地購入前にどの土地にするかということから相談にのってもらうと安心です。

建物部分の費用ですが、工事契約時と引き渡しまでにかかる諸経費とがあります。工事契約時には、例えば、工事契約金、建築確認申請費、着工時には着工金、工事の安全を願うための地鎮祭費、建物の登記費用などがあります。諸経費は、ローン借入費用や税金などがあります。

平均的な建築費用は?

前項でも建物の費用の平均に触れましたが、もう少し具体的に見ていきたいと思います。

床面積によって費用も変わります。全国平均では129.3平米で、首都圏でも関西圏でもおおよそ同じぐらいの面積の家を建てているようです。その価格ですが、全国平均で3308万円、首都圏で3593万円、関西圏で3436万円です。地域によるばらつきはありますが、130平米の家を建てようと思うと3000万円台前半の費用は見ておいた方がよさそうです。地方都市になれば3000万円台を切る価格帯もたくさんあります。

平均値をまとめましたが、3000万円ないとオーダーメイド住宅が建てられないということはありません。延べ床面積や立地などによっては、1000万円台でオーダーメイド住宅を作ることも可能です。

予算にあわせたオーダーメイド住宅は?

オーダーメイド住宅のメリットは家の材料や設備、間取りなどを自分たちで決められることです。材木1つとっても、高級なものからリーズナブルなものまで様々です。また複雑な間取りにしなければ、その分工事期間が短くなり、人件費を削ることができます。

1000万円台でもオーダーメイド住宅は作ることができます。その場合、作りはとてもシンプルになります。シンプルだからこそ、工事期間が短いので早く住むことが出来ますし、20代のうちにマイホームを持ち、早くローンを完済したい人にニーズがあります。

2000万円台であれば、1000万円台よりもゆとりがあるので、予算配分を考えてある程度の希望を盛り込んだ家にすることができます。そのためには譲れない点をまとめて置き、そこにお金を使うようにし、その他は安価な材料を使用するようにすると、予算内に収めることもできます。

3000万円台になれば、好きな内装やデザイン、間取りを導入できるようになります。平均値に近い価格なので、実現できる幅も広がります。ただ、「予算を考えずに希望の家を考えると4000万円台になる」とも言われているので、ある程度の妥協は必要かもしれません。

逆に4000万円台になれば、希望のほとんどを叶えることができます。複雑な間取りや自然素材を使った壁や床も可能でしょう。

まとめ

オーダーメイド住宅は決して安い買い物ではなく、希望のままに作ると4000万円を超えてしまう家にもなってしまいます。建物部分の費用の全国平均は3000万円台前半ですが、土地代も入れるとさらに費用がかかります。

土地代以外にも、工事契約金や地鎮祭費など、様々な費用が発生するので、マイホームを計画しだしたら、早めに工務店や建築家に相談し、住宅や土地、そして資金計画について相談すると安心です。

1000万円代からでもオーダーメイド住宅を建てることは可能です。そのためには希望について具体的にまとめ、優先順位をつけておくと考えやすいでしょう。