この記事をシェアする

フルオーダー住宅とセミオーダー住宅

夢のマイホーム。新築・中古、戸建て・マンションと住宅にもたくさんの種類があります。今回はその中でもフルオーダー住宅とセミオーダー住宅について見ていきたいと思います。どちらにもメリット・デメリットもあります。また、あなたが住みたい家に対してどの程度具体的な希望があるかでも、どちらを選ぶべきかが変わってきます。今回はフルオーダーとセミオーダーの違いについて明確にし、どういったニーズを持った家族が向いているのかをご紹介します。

フルオーダー住宅とは

「フル」とついているだけに、家の間取りから使用する木材の種類まで、全てを指定して建ててもらうことができます。こちらの要望を細かく伝え、ハウスメーカーや建築家と打ち合わせを重ねることで、1つの住宅が完成します。

メリット

「こういう家に住みたい!」を実現できる

同じく注文住宅のセミオーダーにありがちな「この中から選んでください」「これ以外はできない」といったことはないので、100%希望通りの家を建てることができます。

中の設備のメーカーも自由に指定できる

キッチン、風呂、トイレ、壁紙など、自分が好きなメーカーがある人には向いています。

狭小地や変形地でも建てられる

大手のハウスメーカーでは引き受けが難しいような狭小地や変形地でも、建築基準法に基づいた家を建ててもらえます。

デメリット

時間とお金

こちらの希望や要望を具体的に図面に起こしていき、何回も打ち合わせを重ねてやっと1つの家ができます。セミオーダー住宅よりもどうしても完成までに時間がかかってしまいます。また、希望通りの材木や設備を入れていった結果、いつのまにか予算をかなりオーバーしてしまうこともあり、自身が希望する家を建てるにはいくら必要なのかという資金計画が立てにくいです。

土地によっては希望の家を建てることができない

100%希望通りの家を建てられるといっても、購入している土地が建築基準法の関係で希望通りの家が建てられないこともあります。例えば、3階建ての家を希望していても、エリアによっては2階建てまでしか建てられないことがあります。

セミオーダー住宅とは

セミオーダーは間取りや設備を、提示されたものから選び、そこからニーズに合わせて変更していきます。どこまで変更できるかはハウスメーカーによって違いますが、建物の構造に関わる部分はメーカーの指定になる場合が多いです。

メリット

金額が明確

いくらからできるのかが明確で、一部を変更してもいくらプラスされるのかも分かりやすいので、当初より資金計画が立てやすい事です。

短期間で建てられる

家の間取りやオプションなどのレパートリーがパターンとして決まっているので、打ち合わせも少なくて済み、完成までの期間もフルオーダーよりもかなり短くすることができます。

完成後の姿が想像しやすい

完成図やイメージ図から選ぶことができるので、イメージがしやすく、完成してから「思っていたのと違う!」というギャップも少なくて済みます。

デメリット

変更点が多いと高額になる

打ち合わせを重ね、家に対する希望が膨れるあまりに、変更点があまりにも多くなりすぎると、費用がかなり嵩むことです。壁の色や床の材質の変更でも家全体ですると費用も変わってくるので、予算と相談しながら決めていきましょう。

細かい指定は難しい

こだわりがある場合、全ての希望を叶えてもらうことは難しいです。優先順位や譲れない点を決めてある程度の妥協点を探る必要があります。多くのこだわりがある場合は、フルオーダー住宅の方がよいでしょう。

どんなニーズに向いているか

フルオーダーに向いているケース

要望がはっきりしている

具体的なイメージがないと、作業がなかなか進みません。フルオーダーで作られた家は1つも同じものはないので、それまでの建築例をみて、自身のニーズの確認はできても、実際に建てたい家とは違います。床材はこれにしたい、間取りはこうしたいなど家に対して要望がはっきりしている人には向いています。

時間をかけることができる

完成まで、打ち合わせの回数も多いですし、間取りによっては工事期間が長くなります。ゆっくり時間をかけることで、より愛着が沸いてくる方もいるでしょう。しかし、時間が十分にないのであれば、フルオーダー住宅よりもセミオーダー住宅の方が考える時間や打ち合わせの時間も少なくて済みます。

セミオーダーに向いているケース

強いこだわりがない

部分的であれば希望のものが選べるので、家全体に細かい要望がないのであれば十分希望通りの家を建てることができます。

早く住みたい、費用を安くしたい

ある程度型通りの家なので工事期間は短く済み、その分費用を抑えることができます。

まとめ

夢のマイホームは悔いのないようにしたいですよね。フルオーダー住宅とセミオーダー住宅では出来ることと出来ないことに違いはありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。そのため、住宅に対する希望がどの程度なのか、予算はどれくらいでいつまでに住みたいのか、ということを考えてどちらにするかを選んでみるのがよいでしょう。

今回ご紹介した内容が、あなたの住宅選びの参考になれば幸いです。