この記事をシェアする

生活を豊かにする新築マンション間取りのチェックポイント

新築のマンションの間取りはマンションにより様々ですが、代表的な間取りはあります。どのような間取りが自身の生活にぴったりで、暮らしやすいのかが分かれば、物件探しがよりしやすくなりますよね。今回は新築マンションの間取りのチェックポイントについてまとめました。物件探しの参考にご覧ください。

代表的なマンションの間取り3タイプ

マンションの間取り3タイプとは、田の字、センターイン、ワインドスパンの3つです。

田の字

ファミリータイプのマンションでオーソドックスな間取りと言えます。特徴は玄関から真っすぐに廊下がのびていて、住戸の真ん中に水回りが集まっています。この廊下と水回りで生活空間が区切られているので、田の字と言われています。メリットは風通りと採光がいいこと、水回りの騒音問題が少ないことです。デメリットは共用廊下側の部屋のプライバシーが確保しにくい事、廊下がある分、各部屋が狭くなることです。

センターイン

来客が多い人にお勧めの間取りです。特徴は玄関が住戸の真ん中にあり、玄関から左右に廊下で部屋が繋がっていることです。メリットはバルコニーが両側に設置できるので風通りがよく、採光をとりやすいこと、廊下が少ないので部屋を広くとれ、家族とゲストのプライバシーが守りやすいことです。デメリットは物件の価格、管理費が高くなりやすく、修繕積立金も高めです。

ワイドスパン

バルコニー側の間口が広いのが特徴です。共用廊下が屋内にあるタワーマンションによくある間取りです。メリットはバルコニー側の採光と風通りが良いこと、窓が大きく開放的、そしてバルコニーが広いことです。デメリットは価格が高くなることが多い、開口部が広いので光熱費が高くなりやすいことです。

日常生活をイメージする

どのタイプの間取が合っているのかを考える時に必要なのは、日常生活をイメージすることです。家族は何人?ライフスタイルは?日中どれぐらい家にいる?これらを考えると、選びやすいです。

田の字は日中留守にすることが多い人や、家にいてもリビングにいることが多い人にお勧めです。風通りはいいので、通気性を気にする人にもお勧めです。また、田の字の物件は割安なことが多いので、価格重視で探している人にはおすすめです。マンションを探す時は、田の字の間取りのものから見てみるのもいいでしょう。

センターインは左右にスペースがとれるので、友人をよく招待する人にお勧めです。廊下で区切られているので泊り客は気にせずにくつろぐことができます。また泊り客がいなくても、教室をするなど、家族以外の人の出入りがある人にもお勧めです。さらに、夫婦や家族でライフスタイルが違う時でも、左右別の部屋を使えば、音を気にすることも少なくなります。

ワイドスパンは大きなバルコニーとそこにある窓で開放的なスペースになるので、リビングで家族とくつろぎたい人にはぴったりです。

ライフステージに合わせる

ライフステージが変わると、求められる間取りも変わります。夫婦共働きで子供がいない場合、帰宅時間や仕事の時間の違いなどから、寝室は一緒がいいか別にするかを考えましょう。どちらの場合でもリビングはゆったりとくつろげるよう、広めがいいでしょう。

乳幼児から思春期前の子供がいる場合、子供たちがいつでも見やすいような間取りがおすすめです。キッチンを対面式にしておくと、料理中でも安心です。夫婦も子供もリビングにいることも多くなりそうなら、リビングの広さも重視するといいでしょう。

子供が思春期になるとそれぞれの個室の確保も必要です。ただし、ずっと部屋に閉じこもってしまっていては不安ですので、リビングを通らないと個室に行けないような間取りにすると安心です。

子供が独立した後は、個室の数や広さよりも、寝室やリビングの広さや場所に重点を置きましょう。

まとめ

新築マンションの物件を選ぶ際、間取りの違いで悩みますよね。間取りは大きく3タイプあるので、それぞれのメリットデメリットを知り、あなたのライフスタイルに合わせてぴったりのものを選びましょう。選ぶ際は普段の生活を想像するとより、重視したい点がはっきりしてきます。

また、ライフステージによっても必要な間取りは変わります。特に子供の有無や、居る場合には子供の年齢を意識して、個室の数や広さ、リビングの広さをチェックポイントにしてみてください。