この記事をシェアする

全てのハウスメーカーでフルオーダーメイド住宅を注文できるか?

展示場に見に行くと、たくさんのハウスメーカーの立派な住宅を見ることができます。どれも素敵ですが、ほとんどのモデルハウスは一般的な家よりも大きめで、中の設備もいいものをいれています。

夢のマイホーム探しをしていると、一度はオーダーメイドの住宅を考えると思います。ハウスメーカーでも、間取りを選べたり、壁紙の色を選べたりするのですが、オーダーメイドとはどう違うのでしょうか。

ハウスメーカーのオーダーメイド住宅

先にお伝えすると、0から完全にオーダーメイドの住宅を建てることができるハウスメーカーはあまりありません。そのため、まっさらの図面にあなたの希望通りの間取りを描くことはできないと思っていたほうがいいでしょう。

ハウスメーカーではいくつものプランがあり、そこから選んで家を建てていくのが一般的です。例えば、ハウスメーカーが指定する範囲で間取りや設備、好きな色の壁紙などを選ぶことはできます。

このような作り方であれば、完全に自分の好みだけではないかもしれませんが、ある程度こちらの希望に沿った家作りができます。そのため、セミオーダーとも言われています。変更するのに費用が上乗せされることも多いので、プラスで何にいくらかかるのか、という点もきちんと確認をしておかなければいけません。

どの程度変更ができるのかは、ハウスメーカーによって違うので、打ち合わせの段階でこちらの希望ができるのかを確認しておくと安心です。

建築事務所との違い

一方、建築事務所では100%自由設計の住宅を建てることができます。そのため、こだわりの住宅がある、展示場などで話を聞いたけれど理想とは違った、というときは、建築事務所に相談してみるのもいいでしょう。

こちらの希望を詰め込めるのがオーダーメイド住宅のメリットですが、デメリットもあります。まず、打ち合わせや建設に時間がかかります。建築士と話を重ね、こちらの希望を具体的にしていくのにも時間がかかりますし、それを実現させるの家作りはこだわりがあればあるだけ時間がかかります。

これは住んでみないと分からないことですが、自分好みにお洒落に作られた家や希望通りに作られた家が住みやすい家とは限りません。このようなことを防ぐには、腕のいい建築士に相談し、希望に対してアドバイスをもらい、希望と機能性の兼ね合いを取っていかなければなりません。そのため、建築士選びが重要になります。

最後に費用です。設計を依頼するだけで100万円近くかかりますし、工事期間が長いとその分人件費もかかるので建設費も高くなりやすいです。一生に一度の買い物なので、夢は膨らみますが、予算とのバランスを意識してプランを考えましょう。

ハウスメーカーのメリット

100%希望通りにするのは難しいですが、ハウスメーカーで住宅を建てることにもメリットはあります。

ある程度規格が決まっている分、建設期間が比較的短くすみ、費用も抑えやすいです。規格はありますが、例えば「キッチンはこの3種類から選べる」というように、ハウスメーカーが指定する範囲で好みのものを選ぶことができます。そのため、オーダーメイドするほど希望が多くないのであれば、ハウスメーカーの方がメリットが大きいかもしれません。

ハウスメーカーはそれぞれ独自の技術を持っています。また、機能性の高い設備の開発も行っています。そういったことから考えると、自由度は少ないかもしれませんが、ハウスメーカーもいい選択肢になると思います。そしてアフターサービスも充実していることもメリットと言えるでしょう。

ハウスメーカーを選ぶ際は、まずは資料請求しましょう。資料を見ることで、メーカーごとの特徴である、工法や構造、そして費用を比較することができます。ある程度候補を絞ったら住宅展示場で実物の住宅を見てみましょう。その際に営業の人と話をし、今後「もしも依頼することになったら」を想定しながら、信頼してまかせることができるかを確かめましょう。

まとめ

ハウスメーカーにはそれぞれに強みはありますが、完全にオーダーメイドの住宅を作りたいのなら建築事務所に相談するのをおすすめします。時間をかけて作る完全にオーダーメイドの住宅なので、費用や時間はかかりますが、その分愛着もでるでしょう。

ハウスメーカーの住宅にもメリットはあります。比較的安価にできること、打ち合わせや建設期間が短くすむことが挙げられます。マイホームにどれぐらいの要望があるかを考えた上で決めるとよいでしょう。