この記事をシェアする

国分寺で一人暮らしは正解か?

一人暮らしを始める場合に、重要なのが住む場所です。東京で一人暮らしをする場合、都心に近いほど便利ですが家賃が高いですし、治安も心配です。国分寺は、家賃を抑えられて、都心へのアクセスもしやすいということで気になっている方も多いのではないでしょうか。実際に、生活しやすい場所なのか、詳しく調べてみました。国分寺への引っ越しを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らし向けのお家賃は?

国分寺は、23区外なので家賃が高すぎるということはありません。そのうえ、都心へのアクセスがしやすく、人気のベッドタウンでもあります。

国分寺駅周辺には、多くの大学のキャンパスがありますので、大学生の一人暮らしはどうなの?と不安の方も安心です。住みやすいワンルームのマンションやアパートが多数あります。学生向けのリーズナブルな物件も多いので、一人暮らし用物件を探すのにはおすすめのエリアです。

家賃相場

家賃は、ワンルームで5万4千円、1Kで6万1千円、1DKで7万1千円が相場です。もちろん、駅までの距離や、築年数、平米数などによっても家賃は変わってきますので、具体的な例をご紹介します。

安い物件例

まず、とにかく家賃が安い部屋がよい方には、なんと家賃2万5千円の物件があります。駅まで徒歩約23分、和室6畳のワンルームでキッチン、押し入れ付き、築55年の部屋です。トイレは共同となっています。寮のような感覚で住める部屋です。

バストイレ別の物件で安い家賃の物件を探すと、家賃3万円の物件があります。駅まで徒歩8分、築50年、洋室6畳のお部屋です。

築浅の物件例

築年数が古すぎる物件がどうなのか心配な方は、築30年以内の物件を探してみるとよいです。家賃は4万円、国分寺駅までバスで10分、築26年、バストイレ別、キッチン、収納付きの6畳のワンルームです。築浅物件はやはり新しく綺麗な印象を受けます。しかし、家賃を抑えたい場合は、駅からの距離が遠くなります。

駅近の物件がいい方向けの物件も見てみましょう。国分寺駅まで徒歩5分、バストイレ別、キッチン、収納付きの築18年のワンルームマンションで、家賃6万円です。

自分にとって重要な条件は何なのかを考えた上で、部屋探しをしていきましょう。

ショッピングは便利?

住む場所を考える時に気になることの一つが、買い物をする環境は整っているかということです。食品や日用品など、生活をしていくために必要となるものを購入するためのお店があるのかどうか、営業時間はどうなのかということはとても重要な問題です。

生活必需品を購入するためのお店が近くになかったり、営業時間が短く利用出来ないということになるとわざわざ遠くのお店まで行かなければいけなくなってしまいます。洋服などとは違い、毎日の生活に関わるものですのでそれが手軽に購入することが出来ない環境に住むということはとても不便ですしストレスも溜まってしまいます。

駅ビル

国分寺は、都心へのアクセスがよいですが、都心まで出なくても駅周辺で十分にショッピングを楽しめます。国分寺の駅ビル「セレオ」には、マルイ、ユニクロ、無印良品、ロフトなどが入っていて、ファッションアイテム、雑貨など幅広くショッピングができます。

駅周辺

また、駅の近くには、ドン・キホーテ、オリンピックなどのディスカウントショップ、ホームセンターもあります。日常の買い物に便利な西友、マルエツ、成城石井などのスーパーも多数あります。リーズナブルなスーパーから、高級スーパーまで様々なお店があり、気分や用途に合わせて、店を選ぶことも可能です。

近くに遊び場はある?憩いの場は?

自分が住んでいる地域に遊ぶ場所があったり、憩いの場となるところがあればより生活を豊かにすることが出来ます。国分寺にはそういった場所はあるのでしょうか?

遊びの場が豊富

駅周辺には、ショッピング施設はもちろんのこと、カフェやゲームセンター、カラオケなどがあります。友達と遊んだり、恋人とデートしたりするのに楽しめる場所が豊富です。

憩いの場が豊富

駅周辺はショッピングに便利でにぎやかですが、少し駅を離れると静かで落ち着ける憩いの場があります。殿ヶ谷戸庭園は国の文化指定財になっている場所です。元々は三菱財閥の旧岩崎邸庭園の別邸として建てられた場所で、約21,000平米の広大な庭園です。秋には美しい紅葉を見に訪れる方が多くいらっしゃいます。

武蔵国分寺公園は、駅から10分ほど離れた場所にある公園です。静かな場所なので、休日はベンチでゆっくり本を読むなどして過ごせます。自然を感じながらリラックスできます。

国分寺は駅前で買い物や遊びを楽しむこともできますし、少し駅から離れれば豊富な自然環境がありゆったりとした時間を過ごす憩いの場もあります。それぞれ思い思いの充実した時間を過ごすことが出来る環境です。

都心へのアクセスはどう?

会社や学校が都心にあるという方や、遊ぶのは都心という方は多いでしょう。そうなると気になってくるのは、国分寺に住んだ場合に都心へは簡単にアクセスすることが出来るのかどうかということです。

都心へ往復しやすい電車

JR中央線、西武国分寺線、西武多摩湖線の3つの路線が通っています。ターミナル駅であり、中央線は快速だけでなく、通勤特快、中央特快が利用できます。新宿駅までは約20分、東京駅までは約34分、乗り換え無しで行けます。1回の乗り換えで、渋谷駅までは約31分、池袋駅までは約32分です。新宿からの終電は深夜0時以降なので、仕事が遅くなったり、飲み会をしたりしても安心です。また、成田エクスプレスの停車駅でもあるので、空港までのアクセスも便利です。

バスも便利

バスの路線が多く、小平駅方面や府中方面へ行く場合は、西武バス、京王バス、立川バスが利用可能です。また、羽田空港行きのリムジンバスも出ているので、旅行や出張などにも便利です。

まとめ

国分寺駅は、電車やバスで都心へのアクセスがしやすいので、通学、通勤にも便利です。駅周辺には、スーパーやディスカウントショップだけでなく、ファッションや雑貨などの買い物ができる場所、カラオケやゲームセンターなどの娯楽施設もあるので、都心に出なくても十分楽しめます。にぎやかな駅周辺から少し離れると、自然豊かな憩いの場所があるのも魅力的です。

しかし、大学キャンパスも多いことから、一人暮らし向けの物件が豊富で2万円台から探すことが可能です。一人暮らしを始めるにはおすすめのエリアです。