この記事をシェアする

国分寺の駅近不動産物件でチェックすべきポイント

国分寺の駅近不動産

人気の物件と言えば間取り・賃料、そして駅が近い事です。学校や通勤時に電車を使い移動するのが一般的なので、出来れば駅近物件に入居したい方も多くいます。国分寺のメインステーションは国分寺駅ですが、賃料や環境はどうなっているのでしょうか?また不動産屋がおすすめするバス停近くの物件について、更にはおすすめの条件や環境にスポットを当てて紹介しています。せっかく治安が良く、単身者・ファミリーどちらにも人気の高いエリアに住むのだから物件選びにも妥協したくありません。

 

駅周辺の環境は?

そのエリアに住みたいと思った時、まず確認するのは周辺環境です。物件情報も大切ですが、周辺環境は自分で探さないと分からないのがほとんどです。特に今回は駅近物件について紹介しているので駅周辺の環境をピックアップしています。国分寺のメインステーションはJR中央線・JR中央本線・西武多摩湖線ですが、基本的には多くの飲食店や商業施設が立ち並んでいます。深夜まで営業しているスーパーだったり、24時間営業している商業施設もあったりするのでライフスタイルに合わせて生活出来るのが魅力です。ただし駅周辺には飲み屋や風俗店があるので、気になる方や女性が深夜に一人で歩くのはあまり良いとは言えません。

南口には食品だけでは無くアパレルや本屋など、生活に必要な施設が並んでいて多喜窪通りには、カラオケや飲食店があります。そこからすぐ近くに殿ヶ谷戸庭園があり、このエリアはとても静かで厳かな雰囲気が漂っていて商業施設エリアとは全く違う表情を見せてくれます。周辺の物件は単身者がメイン1R、1Kだけでは無く1LDKが多いです。北口は南口よりはにぎわっていませんが、こぢんまりとした場所でコンビニやスーパーがあります。そこから進むと大学通りに入り、いくつかの飲食店が並んでいます。駅周辺は比較的にぎやかですがその周辺には多くの物件もあり、ファミリー層と単身者向けの物件が入り混じっています。

一昔前までは東京の田舎と呼ばれていた国分寺エリアですが、近年では開発が進み便利で暮らしやすい町になったので多くの方から支持されています。開発が進んだ影響で治安も良くなり、飲み屋や風俗店はありますが大きな事件はほとんどありません。

エリアによっては韓流色の強い場所だったり、まだまだ開発途中で少しだけ寂しいエリアだったり住む場所によって全く違う表情を見せてくるのが、国分寺の特徴です。基本的に自然の多いエリアばかりなので、都内で自然を感じらながら暮らしたいというファミリーはもちろんの事、単身者や高齢者も馴染みやすい場所だと言えます。

 

駅近物件はお高い?

国分寺の家賃相場は6.6万円と、他のエリアに比べるとリーズナブルです。そんな中で駅に近い物件は、どのくらいの価格になるのでしょうか?一般的に駅近物件というのは駅から徒歩10分圏内の場所で、発展しているところが多いので家賃も高めに設定されています。

まず徒歩10分圏内で安い物件を探してみたところ、なんと2万円台の物件がありました。東京都でこの価格は奇跡的ですし、学校が近いので学生向けです。半ばシェアハウスの様なシステムなので、とにかくコストカットを目的にしている方におすすめです。ちなみにこの物件は西国分寺駅から徒歩7分の場所にあります。

駅から3分圏内の場合は1Kで5.8万円となります。家賃相場よりも安く、且つマンションタイプなので設備も整っています。国分寺駅から徒歩3分なので、周辺には多くの商業施設があり生活にも便利です。

徐々に家賃が高くなっていますが、1分以内だと1DKで8.8万円と相場以上の価格になります。国分寺駅から徒歩1分なので、利便性が良く且つマンションタイプ、築20年経過しているとはいえまだまだキレイで質の高い設備が導入されています。これらを比較すると分かる様に、駅近になると賃料は高くなります。

国分寺ではマイカーでの生活よりも公共の交通機関を使うのが一般的ですし、仮にマイカーで生活する場合は駐車場など別途費用が発生します。賃貸物件とは別に駐車場を契約した場合、平均で1万円加算されるのであまり現実的ではありません。駅から離れれば離れるほど賃料は安くなりますが、それが自分の生活にどう影響するのかを事前に考えながら契約しないと、思わぬトラブルを招いてしまいます。

ちなみにネットで探すよりも不動産屋へ直接相談した方が、お得に契約出来る可能性もあります。これはネット未掲載の物件だったり、これから掲載予定だったりする物件なので問題ありません。マイカーでの生活・公共機関利用どちらの方がお得なのか迷っている場合は、不動産屋に相談するのも賢い方法です。

 

バス停近くの物件もチェック!

物件探しの際、駅近物件や駅周辺をチェックするのは当たり前ですが、意外と見落としているのがバス停の有無です。近くに駅が無くてもバス停があれば生活は楽ですし、ほとんどのバス停が駅周辺で止まってくれるので通勤や通学にも便利です。バスは他の交通手段に埋もれてしまいあまりメリットが無い様に見受けられますが、家賃が安く駐車場代がかからないのが一番のメリットです。またバス停のある場所は比較的落ち着いた場所にあるので、にぎやかよりも静かで落ち着ける場所に住みたい方におすすめです。

但しバスは周辺の交通状況によって運行時間にバラつきがあったりバス停によっては屋根が無く雨の日は傘が必須だったり、デメリットが全く無い訳ではありません。国分寺では西部バス・京王バス・立川バスがメインで、これらのバス停からどのくらいの距離があるのか確認しながら物件選びをするのも良いです。駅の様に近ければ近い程、家賃が跳ね上がる事はありません。駅からは徒歩10分ですが、バス停から徒歩3分の場所にある物件は2Kで5.3万円、同じくバス停から3分で1Kのハイグレードマンションは9.1万円になります。ファミリー向け賃貸物件の場合は、バス停から徒歩7分・4DKで13.5万円、バス停から徒歩2分・3LDKで13万円、バス停から徒歩1分の物件の場合は3LDKで14万円と平均よりもほんの少し高いですが、その分快適な暮らしが出来ます。

不動産屋の中にはバス停が近い物件を積極的に紹介してくれるケースもありますし、賃貸物件ではなく戸建て購入の場合もバス停の有無や距離で物件を決めるケースも珍しくありません。国分寺は電車だけでは無くバスのアクセスも良いので、交通機関にこだわりが無い方は是非バス停からの距離も視野に入れてみてはいかがでしょうか?但し距離やネットに掲載されている情報だけでは無く、必ず内覧をして問題が無いかを確認して下さい。特に戸建ての場合は契約した後に破棄するのはほとんど無理ですし、一生涯住み続けるのでストレスがあってはなりません。

 

まとめ

駅近物件やバス停の近い物件など様々な条件がありますが、便利な場所に立地している物件は相場よりも高い家賃になりやすいです。そもそも家賃は間取りや広さ、設備だけで決められているのでは無く、周辺環境や駅からの距離で不動産屋が判断しています。

それを逆手に取ってあえて駅から遠い物件を確認し、家賃の安いところを探すのも一つの手段です。バスに関してそんなに賃料に影響はしないですし、国分寺は電車だけでは無くバスのアクセスも良いので、利用する交通機関にこだわりが無い場合はバスをメインにしても良いです。