この記事をシェアする

設備も自由に選べるオーダーメイドマンション

オーダーメイドマンションはこれまでの分譲マンションのように決まった設備や間取りではなく、自分好みにカスタマイズでき、まるで注文住宅のように、あなたの要望を盛り込んだものにすることができます。

それにより「あのメーカーの設備が使いたかった」「環境はいいけれど間取りがイマイチ」などといった不満をなくすことができます。オーダーメイドマンションの利点についてみてみましょう。

オーダーメイドマンションとは

オーダーメイドマンションは、注文住宅と同じような性質があります。注文住宅では、どういった暮らしがしたいかなど、建築家や営業マンと話をしながら間取りを描きます。オーダーメイドマンションでも、既存の間取り、設備ではなく、ご家庭ごとのニーズに合わせてカスタマイズできます。

メリットはオーダーメイドの範囲も選べることです。より自分好みにしたい場合は一から間取りを決めることができますし、いくつかのプランの中から好みのものを選ぶ形式のものもあります。間取りだけでなく、内装から調度品まで特定の様式に統一することも可能です。業者によっては水回りの位置も変更できます。自身で決める範囲が広がるほど、出来上がるまでの時間は長くなりますが、その分愛着もでます。

デメリットは、費用です。オーダーメイドや設計変更などをすると、追加費用として平均で300万円ほどかかるといわれています。もちろん変更点が多いとその分費用は高額になります。途中で変更を取り消すこともできますが、着工後であれば元に戻すための費用も負担しなくてはいけないので、変更は慎重にしないといけません。

住み始めて、家族構成が変わり、間取り変更が必要になった際も変更は可能です。しかし、管理組合の承諾が必要で、管理規約に沿ったリフォームをしないといけないので、自由なリフォームはしにくいです。なので、現時点で必要な間取りだけでなく、今後必要になるであろう間取りや設備も考えて決めておくことが重要です。

設備に対するニーズは人それぞれ

一般的なマンションは多くの人に購入してもらえるように、標準的な仕様で作られています。一方でライフスタイルは多様化してきているため、家に求める要望も多種多様です。そういった人それぞれのニーズに応えられるのがオーダーメイドマンションです。オーダーメイドマンションではニーズに合わせて設備を整えることができるので、快適な生活を送ることができます。

例えば小さな子供がいる家族では、将来的に子供たちの個室の準備を考えないといけませんし、服や物の量が多くなりがちです。そういった家庭では、収納スペースをウォークインクローゼットに変更すると、手持ちの服を一目で把握でき、朝の忙しい時間でも身支度しやすくなります。ファミリークローゼットを設置する人もいます。

また、キッチンをアイランドキッチンにすることで、キッチンに立つ人とダイニングにいる人の距離が近くなり、より食事の時間を開放的にできます。キッチンを広くすると夫婦で作業しやすくなり、子供たちと料理をしても広々した空間にできます。

生活をより便利に設計できる

便利な設備や間取りであっても、あなたの生活に合っていなければその良さはわかりませんし、無駄になってしまいます。自分のニーズを満たす設備だからこそ、その良さが生きてきます。

そのために重要になってくるのが、あなたのニーズが何なのか、ということです。そのニーズをはっきりとさせ、かつ具体的にすることで、必要な設備がみえてくるでしょう。生活をより豊かにするために、ニーズに合ったものにカスタマイズしていきましょう。

まとめ

オーダーメイドマンションは既存の間取りではなく、ニーズに合わせてカスタマイズできます。それにより、生活を便利に、そしてより豊かにできます。プランによっては何も無い状態から間取りを決めることができるので、予算や家族のニーズに合わせて選びましょう。

間取りだけでなく、設備も変更できますす。好きなメーカーのシステムキッチンやトイレ、お風呂を設置することもでき、クローゼットや和室を導入する事もできます。

ただし、完成後の変更は制限がでてきますので、着工する前に将来を見据えて間取りや設備を考えましょう。