この記事をシェアする

戸建て住宅は値引きできるの?

戸建て値引き

マイホームを購入する際は、マンションか戸建て住宅で迷う人も多いですが、いずれにせよ新築ともなると、最低でも一千万円以上のお金が必要となり、東京では五千万円以上の出費は覚悟しておく必要があり、値引きは購入費用を抑える大きな武器となります。

ここでは、戸建て住宅に絞って夢のマイホームをできるだけ安く手に入れる方法について探っています。家を安く建てるためには、なるべく安価な土地を探して、建築費用を抑えればよいわけですが、その他にも値引きをするという方法があります。

戸建て住宅を値引きする方法にフォーカスを当てて、東京で家を安く手に入れる方法を詳しく紹介しているので、マイホーム購入を予定している方は是非参考にしてください。

一戸建てには2つの種類が存在する

一戸建てには注文住宅建売住宅の2つの種類があり、どちらを選択するかによって値引きの方法は大きく変わってきます。

建売住宅とは

建売住宅は、土地と建物がセットになって販売されている新築分譲住宅のことで、すでに完成している物件を選んで購入するスタイルとなっています。

マンション同様に、まだ建設の計画段階でも購入予約を入れることはでき、その場合は家造りに参加することも可能ですが、基本的にはすでに建設がはじまる前に購入価格が決まっているため、細部に渡って注文をつけることはできないようになっています。

注文住宅とは

建売住宅とは違い、家に住む家族の好みや条件を反映して、一から自分たちで家造りを行うことができるのが注文住宅です。すでに土地を所有している方以外は、土地探しから行うことになり、庭造りにも参加できます。

予算に合わせて土地の価格と家の建築費用を配分しなければいけないので、建売住宅よりも家をもつために多くの時間と労力を必要とします。

建売住宅は値引きの可能性大

戸建て値引き2

結論から言えば、建売住宅は注文住宅よりも値引きがしやすくなっていて、タイミングを図ることにより、値引き交渉成功の可能性を大幅にアップさせることができます。

また、注文住宅とは違い、すでに建物が完成している場合がほとんどということで、値引きをしても家の性能は一切変わることがないというメリットがあるのも建売住宅の特徴です。

建売住宅の値引きしやすいタイミング

値引きがしやすい建売住宅とはいえ、何の戦略もなくやみくも交渉を迫ってはいけません。特に建設が完了したばかりの人気物件は、値引きの達人だとしても交渉が決裂に終わる可能性はほぼ100%です。

なぜなら、値引きなどしなくても申込者が殺到することがこの段階では予想されているからで、どうしてそのような家が欲しいという場合は、値引きは諦めた方がいいでしょう。ただし、物件の値引きは無理でも、売主次第ではお得に戸建て住宅を手に入れることは可能です。

建売住宅の販売は、不動産会社が間に入っている場合と、売主である分譲会社が直接販売している2パターンがあって、前者の場合は契約が成立すれば、不動産会社の報酬となる仲介手数料を支払わなければいけませんが、後者の場合はそれが不要となります。数千万円する建売住宅の仲介手数料の上限は以下の計算式で算出されます。

売買価格×3%+6万円+消費税

不動産会社は大抵、仲介手数料を上限で請求してくるため、例えば5,000万円の建売住宅を購入する場合は、下記の計算から170万円以上の仲介手数料が家の購入費用の他に必要となり、直接売主から購入すれば、仲介手数料を0にできるため、実質170万円程度の値引きに成功したのと同じことになります。

売買価格(5,000万円)×3%+6万円+消費税=1,716,000円

このように、販売直後の建売住宅を安く手に入れるためには、売主の形態を事前に調査するしかありませんが、建物が完成してから時間が経てば経つほど、値引き交渉成功の可能性はどんどん高くなっていきます。

建物は完成した瞬間から劣化が進み、新築と呼ぶことができるのはせいぜい1年程度で、現実には住宅完成後半年もすれば、たとえ未入居状態でも価値は徐々に下がってしまいます。そうなると、当然売主には焦りが出てきて、多少値引きをしても早く手放したいと考え、値引き交渉がしやすくなります。

もちろん、途中で別の買い手が現れると、横取りされることになってしまいますが、自分が目をついている物件があって、なかなか買い手が見つからないような場合は、購入時期を敢えて少し遅らせることで、値引き幅を大きく広げることも可能となります。

年度末の決算時期も狙い目

自動車販売業界や家電量販店では良くあることですが、多くの企業の決算時期は3月となっていて、年度末の3月は何とかノルマを達成しようとして、多くの企業が「決算セール」を実施します。

実は、建売業界でも決算セールが行われることがあって、たとえそれが行われていないとしても、3月は建売住宅を販売している営業マンが、上司から是が非でも売上ノルマを達成するように強く言われている可能性が高いことから、多少強引な値引きにも対応してもらえるケースも多くみられます。

会社によっては、決算時期が12月や9月の場合もありますので、気に入った物件が見つかったら販売元の決算時期を確認してみるのも、値引き交渉を成功に導く一つの戦略となります。

注文住宅を値引きするには

注文住宅は更地に一から家を造っていくことから、建売住宅のように完成品を値引きするとはまったく異なる方法で対処しなければいけません。

家を建てるときには当然予算が存在しますが、無計画の状態で値引きを優先させると、建築費用や家の大きさを調整されることになり、結果的に家の品質が下がってしまうことにもなりかねませんし、そもそもこれでは値引きにはなりません。

したがって、建売住宅と同じように、ある程度タイミングを見計らって値引き交渉を行う必要がありますし、その他にも値引きを実現できる方法はいくつか存在しています。

相見積りで値引き交渉を

注文住宅の建設の依頼先は、ハウスメーカー、工務店、建設会社、設計事務所、リフォーム会社など多岐に渡ります。当然どこでも受注をとりたいため、競争相手がいると分かれば、許容範囲内で値引きに応じてもらえる可能性は高くなります。

最初からライバル業者がいることを伝えないで、あらかじめ各業者から図面と見積書をとり、大まかな仕様を揃えることがポイントになります。そうすることで、材料費や家の大きさなどを調整される心配もなくなり、あくまでもどれだけ値引きをするかが各社の争点になるため、本当の意味での値引き交渉を可能にします。

施工業者選びも安く家を手に入れるためのポイント

できるだけ建築費用を抑えたいなら、値引きだけに注目するのではなく、施工業者をどこにすべきかを考えましょう。同じ建物でも、大手ハウスメーカーと地元のハウスメーカーでは建築費用も値引き率も大きく変わってきます。

なぜなら、大手ハウスメーカーでは全国に向けて大々的にテレビCMなどに多額の広告費を使っていて、多くの社員を抱えています。経費にかなりの費用がかかっている分、それなりの利益率をキープする必要があります。

地元のハウスメーカーと工務店を比較すると、工務店は直接家造りを自分たちで行うことから、ハウスメーカーが利益とする工務店分の中間マージンを丸々取り除くことができ、たとえ値引き交渉に乗ってもらえなくても、自然に建築費用は抑えられることになります。

このように、値引き率の限界は業者によって異なりますので、業者の特徴をしっかり把握して依頼先を選ぶことも、建築費用を抑えるための大きなポイントです。

ハウスメーカーなどのキャンペーン時期を狙い撃ちする

建売住宅販売業者と同じように、ハウスメーカーも決算時期にはキャンペーンを実施しており、通常よりも安く家を売り出す機会が多くなります。

一般的には大々的にキャンペーンを実施しているハウスメーカーが目立ちますが、当然どの業者にも決算時期はありますので、普段からキャンペーン情報には広くアンテナを張っておくことで、理想の家を安く手に入れられる確率をアップさせることができます。

まとめ

新築の一戸建てには2つの種類があって、それは注文住宅建売住宅です。建売住宅は、購入する際にすでに完成されているケースがほとんどということで、販売業者側がなかなか売れないと焦っているタイミングなどを狙うと値引きがしやすい特徴があり、さらに大幅値下げに最高しても、家の性能に変化が生じる心配もありません。

さらに、不動産会社を通さないで、分譲会社などの売主から直接購入することにより、たとえ値引き交渉に失敗しても、購入時の大きな負担となる、不動産会社へ支払う仲介手数料を0にすることができます。

一方注文住宅は、値引きができないわけではありませんが、タイミングを間違って交渉してしまうと、家のグレードや性能を著しく低下させる恐れもありますので、依頼先を選んだり、ハウスメーカーのキャンペーンを狙ったり、複数の業者から相見積りをとるなどいろいろ工夫をして、自分たちの条件に合う理想の家をできるだけ安く購入してください。