この記事をシェアする

オーダーメイドマンションで間取りをカスタマイズするメリット

自分好みの家に住みたいなら戸建てのオーダーメイド住宅が一般的でしたが、最近ではマンションでもオーダーメイドができるようになりました。どこまで自由にカスタマイズができるかは、業者ごとに違いますが、マンションでも希望に沿った住まいを手に入れることができます。そんなオーダーメイドマンションのメリットを3つの視点でご紹介します。

生活スタイルに合った動線が作れる

これまでのマンション選びでは、「キッチンはとても素敵だけど、リビングダイニングがせまい」「だいたいの間取りは理想的だけど、収納スペースが少ない」など、どこかしらに不満が残ることが多かったです。実際にマンションを選ぶ際に重要視するポイントの第2位が間取り、最後まで悩んだポイントの第2位も間取りというアンケート結果があります。また、購入したマンションの間取りや位置に関して半数以上が多かれ少なかれ不満をもっているという統計もあります。

オーダーメイドマンションなら間取りを好きなものにカスタマイズできます。生活にあった間取りを選択できれば、生活動線がスムーズになるので、生活リズムがよくなります。例えばバルコニーがある居間とパウダールームやバスルームが繋がっていると、洗濯して干す際に便利ですし、お出かけの時もさっと着替えることができます。キッチンが玄関から近ければ、食材の買い物後も何かと便利です。このように、自分のニーズに合った動線を作れるのがオーダーメイドマンションの魅力の1つです。

使いやすい部屋を作れる

住む人によって家にいる時の時間をどこで過ごすことが多くなるのか、どのようにして過ごすことが多いのかは変わってきます。例えば、家族でリビングでテレビを見てくつろぎたい人もいれば、食事以外はそれぞれの趣味の時間を自分の部屋で楽しみたい人もいます。家での過ごし方が変わると、必要な間取りも変わってきます。

間取りをカスタマイズできると、それぞれのニーズに応えることが出来ます。リビングで過ごす時間が多いならリビングを広くとり、大人数になってもくつろぎやすくできますし、反対にリビングを最小限にし、個室を大きくとることで、自室でゆったりと過ごすこともできます。

または、マンションでありがちな収納の狭さも解決できます。間取りをカスタマイズすれば、収納スペースを必要な広さで確保することができます。服が多い、趣味の道具が多い場合は収納スペースがしっかりととれると、部屋がスッキリとしますし、収納家具をそろえる必要もなくなります。

キッチンなどの設備にもこだわれる

間取りだけでなく、キッチンやお風呂、トイレもカスタマイズできます。もしも友人を招いてホームパーティをしたい、気軽に集まってもらえるような家にしたいという時、水回りの場所や見た目も拘りたい人は多いはずです。

例えば、水回りを自由に変更できるプランですと、生活動線に合わせてお風呂やトイレの場所を変更でき、レイアウトも選べるものもあります。キッチンは、その設置場所だけでなく、I字・L字・アイランドなど好みのものを選ぶことができますし、好きなメーカーのものを入れることもできます。また、細かな変更も可能で、床をキッチンスペースだけタイル張りにしたり、食器棚のスペースを増設したりすることもできます。

このように、設備に関しても変更可能で、欲しいスペックや機能のものを選ぶことができます。

まとめ

オーダーメイドマンションは一から希望通りの間取りを作っていくものや、プランを選択しカスタマイズしていくものがありますが、どちらの場合でもこれまでの分譲マンションではないような、ライフスタイルに合ったマンションを購入できるようになりました。

ライフスタイルに合わせ、生活動線を意識した間取りにすることもでき、生活に合わせた部屋作りでどの部屋も有効に使用できます。キッチンやトイレなど、水回りの位置を自由に決めることもでき、設備も好きなメーカーのものを選べます。

戸建ての住宅ではオーダーメイドで理想の家作りができますが、マンションでもそれは可能です。マンションで理想のものに出会えていない人は、オーダーメイドマンションも考えてみてはいかがでしょうか。